ひげ脱毛の種類別の特徴

最近では脱毛は女性特有のものではなく、男性でも行う人が増えてきました。男性に人気の脱毛のひとつにひげ脱毛があります。ひげ脱毛にはニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、の3種類があります。ニードル脱毛は毛穴に針を入れて、電気を流して毛乳頭にダメージを与える脱毛法です。1本単位で脱毛できるので髭の形を自分好みにデザインできますが、3種類の中で最も痛みを伴います。レーザー脱毛はメラニン色素に反応する光を照射して行う脱毛法で、出力が強いので短時間でかなりの効果がありますが、照射班員が狭いのが特徴です。レーザー脱毛は医療行為の為、美容外科や皮膚科でしか施術できませんが、麻酔を使うことができるので痛いのが苦手な人でも安心です。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と同じ光をエステでも利用できるように出力を弱めたものを照射する脱毛法です。出力が弱まった分、永久脱毛までは何回も通わなくてはいけませんが、その分照射範囲が広いのと痛みがあまりないのが特徴です。

ひげ脱毛は今の時代男女とも

ひげ脱毛は今の時代男性が行うのは当たり前ぐらいに思っている方もいるでしょうが、女性も同じかもしれません。やはり何度もかみそりでそるとお肌に悪いですし、余計に濃くなったりしますので、お口周り、脇、ビキニライン等は永久脱毛している人も多いようです。お手入れも結構時間かかりますし、時間が空いたときに永久脱毛の術をさっと受けてしまうというほうが賢いかもしれません。そういった意味でもわれわれは日々無駄毛と戦っているのかもしれません。男性のお場合ですと永久脱毛してしまうと、ひげを蓄えたいときには伸ばせなくなりますが。マア、伸ばさなくてもよい人がほとんどでしょうし、俳優さんが役つくりのときは、付け髭という手もあります。そういった意味でもやはり脱毛は必要不可欠なのかも知れません。色々考えさせられることは多いと思います。

男性に人気のひげ脱毛

今や男性も女性と同じ様にエステの通う時代です。男性の場合もスキンケアや痩身などの目的で利用している人もいますが、今は脱毛をする為に通っているという人も多くなっているようです。「男は野生的な方が良い」なんていうのは昔の考えで、今は女性のようにツルツルスベスベな肌の方が人気が高いというのです。ですから、腕やすねなどのボディ脱毛はもちろん、男性特有のひげ脱毛にチャレンジする人も増えています。ひげは男性の特権として生やしている人もいますが、「毎日剃るのが面倒」「生え始めの青い感じが嫌だ」という理由で脱毛を希望する人も多いのだとか。確かに、今はあまりムキムキのガッチリした男性よりも、女性が嫉妬する位透明感のあるツルツルの肌をした男性の方が女性からの支持も高い傾向にありますよね。男性も女性と同じ様なオシャレを楽しみたい時代なのかもしれませんね。